支出に関するガイドライン

支出に関するガイドライン


《支部会の支出に関するガイドライン》

    1. 支出可能な範囲
      ・ 会場使用料
      ・支部会開催に必要な経費〔印刷費・通信費・消耗品(名札)など〕
      ・招待講師の旅費
      ・招待講師の謝金(旅費と合わせて上限を1万円/人)
      ・支部運営委員の旅費(上限を1万円/人)
      ・謝金(アルバイト:半日3,000円、1日6,000円程度)
      ・支部会出席に入館料が必要な場合、会員の入館料
      ・茶菓子代(上限を200円/人・日)
    2. 支出不可のもの
      ・懇親会費(部分的であっても)
      ・非会員の入館料
    3. 本ガイドラインは、2014年度から適用する。
    4. 支部会費の標準額、あるいは1. の上限金額を超える場合には、 あらかじめ事務局に申し出て了承を得ること。
      なお、各支部の年間標準額は、
      10,000円×(支部委員数)+164円×(支部会員数)
      とする。

《ワーキンググループ(WG)の支出に関するガイドライン》

  1. 支出可能な範囲
    ・WG会合のための会場使用料
    ・WG会合における専門知識提供者2人までの旅費と謝金(合わせて上限を1万円/人)
    ・WG代表および副代表の旅費(上限を2万円/人)
    ・謝金(アルバイト:半日3,000円、1日6,000円程度)
    ・その他、WG活動に必要な経費(印刷費・通信費など)
  2. 支出不可のもの
    ・上記以外のWG会合出席者の旅費
    ・懇親会費(部分的であっても)
  3. 本ガイドラインは、2014年度から適用する。
  4. WG経費の標準額、あるいは1. の上限金額を超える場合には、あらかじめ事務局に申し出て了承を得ること。
    なお、各WGの年間標準額は、4万円とする

《分野の支出に関するガイドライン》

  1. 支出可能な範囲
    ・分野主催の会合のための会場使用料
    ・分野委員の会合出席旅費(上限を2万円/人)
    ・謝金(アルバイト:半日3,000円、1日6,000円程度)
    ・その他、分野の活動に必要な経費(印刷費・通信費など)
  2. 支出不可のもの
    ・分野委員以外の会合出席者の旅費
    ・懇親会費(部分的であっても)
  3. 本ガイドラインは、2014年度から適用する。
  4. 分野経費の標準額、あるいは1. の上限金額を超える場合には、あらかじめ事務局に申し出て了承を得ること。
    なお、各分野の年間標準額は、4万円とする。

※支部会の支出に関するガイドラインは、2014年度第2回(臨時)運営委員会(2014/9/1~8) にて、WGの支出に関するガイドライン、分野の支出に関するガイドラインについては 2014年度第1回(定例・新旧合同)運営委員会(2014/8/10)にて承認されました。