天文普及の調査WG

 名  称:天文普及の調査WG
 活動期間:2018年09月~2021年08月
 活動目的:
(1) 天文愛好者(アマチュア)に対して天文普及に関する意識調査を行い、愛好者が当会に入会している理由、および入会していない理由を把握する。その結果をもとに、天文普及のありかたを再検討する。
(2) 子どもが天文に最初に触れる場に位置する小(中)学校の教員にも調査対象を広げ、本アンケートを広く実施することで、調査対象者層に当会の存在をPR できると考える。学校教育分野と連携することにより教員から子ども、地域社会(保護者)への普及状況を把握する。
(3) 上記2点を踏まえたうえで、普及を加速化させるため、普及の情報伝達や弊害となるものを洗い出し、普及における構造を明らかにする。
 活動内容:
・一般普及分野に所属する会員および非会員の天文愛好者に対してアンケート調査を実施する。
      (次年度以降)
・非会員に対しては、当会と協力関係にある日本天文愛好者連絡会(JAAA)、NPO 法人東亜天文学会(OAA)、日本公開天文台協会(JAPOS)を通じて呼びかけることとし、他の手段についても広く検討する。

 代 表 者:飯塚礼子
 (2018年9月設立)