天文用語検討・活用WG

目的
小中高大学等で利用する天文用語を確定させ、インターネットで公開し、教育利用を促進する。
活動内容 経緯
日本天文学会100周年記念事業として、シリーズ「現代の天文学」が編纂された。この際、別巻として用語集「天文学辞典」も編纂された。この辞典のインターネット版を日本天文学会内の天文用語検討WGが作成することになった。(「子どもゆめ基金」教材作成・活用事業、2018年3月までの助成事業)
 用語のチェックや教室での活用等を、日本天文学会と協力して当会が行う。天文用語の確定とその普及は、天文教育普及研究会にとっても関心の高い事業なので、当会の下にワーキンググループを作り、その枠で作業を行う。

具体的な活動内容:
 天文学会(半田利弘、岡村定矩他執筆者)と協力して、天文学の「用語集」を確定される。その用語集をウェブで無料公開するための作業を分担する。また、用語集を教室で使ってみてのレポートや天文用語をめぐる問題点などを整理する。

スケジュール:
2017年
9月  天文教育普及研究会運営委員会にWGの申請
10月 活動開始(1,2回の会合を予定)
11月―2018年1月
 インターネット版用語集のチェック、ブラシュアップ、特に図版や動画の選定・修正や著作権処理など。
2-3月  学校(大学を含む)での利用実践のレポート作成
3月  CAP2018(福岡)での発表
    天文学会春季年会(千葉大)での発表

その後、年1-2回の頻度で用語の追加や修正作業を行う予定。
活動予定期間
設立~3年間
代表者名
縣 秀彦(国立天文台)