2018/3/21 18:02PM

第32回天文教育研究会(2018年天文教育普及研究会年会)

[2018年度の年会の開催]

2018年日本天文教育普及研究会年会のお知らせ ~ 第三報 ~

2018年 年会実行委員長 飯塚礼子

第32回天文教育研究会・2018年日本天文教育普及研究会年会を関東支部にて行います。

本年は法人化後初の年会で、4年ぶりの首都圏開催となりたくさんの参加者が予想されます。お早めに計画を立てていただき、早期の申し込みをお願いしたいと思います。

 

◆テーマについて

テーマ「みんなで楽しむ天文・宇宙」

 

テーマの文言は漠然としていて、受け取る側にとっていろいろな解釈がありえるでしょう。しかしこのテーマに至ったのには深い意味があるのです。関東支部での年会開催に当り、学校教育、社会教育、一般普及のそれぞれの立ち位置から参加できる内容で、これからの教育・普及やその活動が「目指すもの」、「ありかた」について、新たに前進していきたいからです。

最近の関東支部会では,会員でない方の参加者が増えたことで全体の参加者は増えています。しかし,その場は盛り上がるものの不完全燃焼のままで次への展開につながらず,また会員増にもなかなか至っていません。それは,会員でない方が求めていることと当会の方向性とに開きがあり,会員も含め当会に何を求め,どのように活用してよいのかが鮮明になっていないからかもしれません。また支部会のテーマに,「教育」を掲げると一般の方が遠のき,「普及」を掲げると教育関連の参加者が遠のく傾向もあります。

そこで第32回天文教育研究会では,「目指すもの」や「ありかた」を絞るのではなく,あえて「天文・宇宙」と視野を広め,会員でない方や会員でも当会を活用していない方と一緒に,これからの「教育」も「普及」もみんなで楽しむという観点で,議論し,共有し,新たに前進する機会にしたいと考えて、テーマを「みんなで楽しむ天文・宇宙」としました。

 

*  *  *  *  *

日時:2018年8月5日(日)午前11時 ~ 7日(火)午後3時頃

8/5(日) 招待講演:天文最前線 吉川 真氏(JAXA)、一般発表

8/6(月) テーマセッション、ワークショップ、一般発表、懇親会

8/7(火) 一般発表、まとめ

 

会場:慶應義塾大学日吉キャンパス(神奈川県横浜市港北区)

東急東横線・目黒線・横浜市営地下鉄グリーンライン 日吉駅から徒歩5分

主催:一般社団法人 日本天文教育普及研究会

 

テーマ:「みんなで楽しむ天文・宇宙」

 

参加費:会員2,000円、非会員4,000円(参加日数に関係なく一律)

学生会員500円、学生非会員2,500円

※懇親会は別途(5,000円を予定)

 

参加申込:天文教育普及研究会のWebに掲載します。

今年度の研究会への参加・講演申し込みはすべてウェブからお願いします。

Web入力が困難な方は個別に対応いたします、実行委員までご相談ください。

2018年年会案内 https://tenkyo.net/activity/annual/annual2018/

申込開始  6月1日(金)

発表締切  6月20日(水)

懇親会締切 6月30日(水)但し、定員になり次第締切いたします。

参加締切  7月31日(火)(発表・懇親会が無い場合の締切です。)

 

発表について:口頭発表、ワークショップ、ポスター発表を募集します。

尚、口頭発表、ワークショップは数に限りがあるために、ポスターセッションに移行をお願いすることがあります。あらかじめご了承ください。

同テーマでの発表は1発表(口頭発表、ワークショップ、ポスター発表のいずれか)とさせていただきます。

口頭発表、ワークショップは、原則一人1発表をお願い致しますが、個人発表とは別に所属する組織やWGの活動紹介がある場合には、例外として発表を認めることもございますので、申込前に実行委員までご相談ください

 

招待講演者として、JAXA宇宙科学研究所の吉川真氏に、天文最前線として最新研究の紹介をお願いしております。

その他、一般講演、テーマセッション、ワークショップ、ポスターセッション等を予定しており、一緒に「みんなで楽しむ天文・宇宙」を考えて参りましょう。

 

問合せ先:2018meeting@tenkyo.net

 

◆協賛:株式会社 恒星社厚生閣、株式会社 ニコンビジョン、株式会社 ビクセン、
株式会社 星カフェ、マナスル山荘新館、株式会社 渡辺教具製作所、他

 

◆後援:神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、日本理科教育学会、日本地学教育学会
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台、
日本天文愛好者連絡会(JAAA)、NPO法人東亜天文学会、他

 

◆実行委員会構成

実行委員長:飯塚 礼子(日食情報センター/明星大学)
副実行委員長:直井 雅文(埼玉県立浦和高等学校)
年会幹事:嶺重 慎(京都大学)
実行委員:石田 光宏(横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校)
瓜生 こずえ(天プラ/NPO法人小さな天文学者の会)
大山 智輝(獨協中学・高等学校)
亀谷 和久(国立天文台)
小林 弘
齋藤 泉(栃木県子ども総合科学館)
篠原 秀雄(埼玉県立草加東高等学校)
杉本 幸子
高畠 規子(国立天文台)
塚田 健(平塚市博物館)
波田野 聡美(国立天文台)
松岡 義一(星つむぎの村、渋谷星の会)
松本 直記(慶應義塾高等学校)
山内 銘宮子(Astro Ninja Projects)
和久 信一(日食情報センター)