2019年7月号

159号 Vol.31 No.4


会員の方はこちら

目次   1
◎特集 中部地区天文教育研究集会 in 志賀高原
中部地区天文教育研究集会の報告 吉住千亜紀 2
超小型人工衛星を「使う」教育利用の試み 内山秀樹
小林尚輝
3
理科の見方・考え方を働かせる授業 〜小学校第3学年「太陽と地面の様子」から〜 前田昌志 4
圭表儀による観測研究の成果を史跡の保護に生かす 〜会津藩校日新館天文台跡と丘中学校科学部天文班の活動〜 宮下和久 7
長野県内の系統的な夜空の明るさ測定 衣笠健三
ほか長野県星空継続観察WG
11
ひので衛星といっしょに太陽を観測しよう2019 矢治健太郎 14
◎投稿
IAUと日本の天文学の100年 〜地上観測分野を中心として〜 岡村定矩 18
◎連載
研究解説 オランダでの望遠鏡発明の全容 第4章 第三の発明者ヤンセンの正体 秋山晋一 34
社会教育施設について考える(WG報告) 〜第14回:日本公開天文台協会での動き〜 福澄孝博
生涯学習施設支援WG
43
◎報告
天文教育フォーラム報告 IAU100年と天文教育〜Strategic Plan 2020-2030に向けて 亀谷和久
鴈野重之
矢治健太郎
45
◎情報コーナー
2019年日本天文教育普及研究会年会のお知らせ(第3報) 年会実行委員長 50
会合やイベント 編集委員会 55
最近出版された天文関連書 編集委員会 57
事務局からのお知らせ 事務局 58
表紙の言葉:かんむり座 HD 145457 撮影・文:大西浩次



   

天文教育普及研究会 Japanese Society for Education and Popularization of Astronomy