2015年度

2015年度(2015年7月〜2016年6月)

(1) 共催

a)天文教育フォーラム

共 催:日本天文学会、本会
後 援:日本学術会議物理学委員会IAU分科会
 
(i)日本天文学会2015年秋季年会
日 時:2015年9月9日(水)17:15~18:45
会 場:日本天文学会年会会場(甲南大学:神戸市東灘区)
テーマ:「天文学会員のためのキャリア支援を考える」
参加者:約90名
 
(ii)日本天文学会2016年春季年会
日 時:2016年3月14日(月)17:00~18:30
会 場:日本天文学会年会会場(首都大学東京:八王子市)
テーマ:「教科書:読む・読ませる・書く」 参加者:約100名
 

b)ジュニアセッション

主 催:日本天文学会
共 催:高校生天体観測ネットワーク(Astro-HS)、本会
後 援:日本学術会議物理学委員会IAU分科会
 
(i)日本天文学会2015年秋季年会
期 日:2015年9月9日(水)~11日(金)
会 場:日本天文学会年会会場(甲南大学:神戸市東灘区)
発表数:ポスター発表2件
 
(ii)日本天文学会2016年春季年会
期 日:口頭発表 2016年3月14日(月)
ポスター発表 年会の会期中(3月14日~17日)
会 場:日本天文学会年会会場(首都大学東京:八王子市)
発表数:84件(口頭64件)
参加者:約450名
 

c)高校生天体観測ネットワーク(Astro-HS)

※ 本会から共催金として10万円を拠出予定。
主 催:高校生天体観測ネットワーク運営委員会
共 催:日本天文学会、本会
 
(i)2015年度高校生天体観測会
観測テーマ:部分日食
参加校数(参加者数):52グループ(約1,080名)
 
(ii)全国フォーラム2016
日 時:2016年3月13日(日)
会 場:国立オリンピック記念青少年総合センター
参加者:約165名(生徒約130名、顧問・スタッフ約35名)
 

d)全国同時七夕講演会2015

主 催:日本天文学会
共 催:本会
期 間:2015年6月末~8月末頃
会 場:登録された各講演会場や学校104カ所
参加者:約3,000名(概算)
 

e)第11回最新の天文学の普及をめざすワークショップ

主 催:国立天文台
共 催:日本プラネタリウム協議会、日本公開天文台協会、本会
後 援:日本天文学会
期 日:2015年11月15日(日)~17日(火)
会 場:国立天文台(東京都三鷹市)、海洋研究開発機構(神奈川県横須賀市)
対 象:プラネタリウム・公開天文台・科学館職員・学校等の教員で天文学の普及に関わっている方及び科学コミュニケータや科学教育普及に興味を持つ学生
参加者:67名
 

f)ギャラクシーフォーラム2016

主 催:国際月面天文台協会、ギャラクシーフォーラム日本実行委員会   共 催:本会
日 時:2016年2月20日(土)10:00〜16:00
会 場:国立天文台(東京都三鷹市)
対 象:一般(特に教員)
参加者:61名
 
 

(2)関係事業への後援

a)第5回高校生天文活動発表会 ―天文高校生集まれ!!―  

主 催:高校生天文活動発表会実行委員会  
後 援:大阪教育大学、日本天文学会、高校生天体観測ネットワーク(Astro-HS)、東亜天文学会、本会  
日 時:2015年7月20日(月・祝)9:50~17:00  
会 場:大阪教育大学天王寺キャンパス(大阪市天王寺区)  
対 象:高校生と顧問教員、指導者、保護者  
参加者:116名
 

b)伝統的七夕ライトダウン2015キャンペーン

 
主 催:伝統的七夕ライトダウン2015推進委員会
共 催:宇宙航空研究開発機構、国立天文台、南の島の星まつり実行委員会、星空を守る会、星空公団
後 援:スター・ウィーク実行委員会、ライトダウンやまなし、天文学普及プロジェクト 天プラ、国際ダークスカイ協会 東京支部、光害シンポジウム実行委員会、日本天文学会、日本公開天文台協会、日本惑星科学会、地球電磁気・地球惑星圏学会、高校生天体観測ネットワーク(Astro-HS)、日本天文愛好者連絡会、日本プラネタリウム協議会、Think the Earth、日本宇宙フォーラム、東亜天文学会清里スターフェスティバル実行委員会、本会  
日 時:2015年8月20日(木)の夜間  
対 象:賛同する全国の個人・団体・事業者など  
イベント数:32件
 

c)「宇宙図」―人は宇宙になにを見るのか?―  

主 催:計算木曽科学連携拠点  
共 催:天文学普及プロジェクト「天プラ」  
後 援:学術コミュニケーション支援機構、六本木天文クラブ、本会  
日 時:2015年9月9日(水)18:00~21:00  
会 場:理化学研究所計算科学研究機構(神戸市中央区)  
参加者:46名(オフライン)、2,058名(オンライン)
 

d)第12回科学コミュニケーション研究会年会  

主 催:科学コミュニケーション研究会  
協 力:国立天文台  
後 援:科学技術広報研究会、本会  
日 時:2015年9月13日(日)10:00~18:00  
会 場:国立天文台(東京都三鷹市)  
テーマ:「研究施設と地域社会」  
発表数:11件(招待講演4件、一般講演7件)  
参加者:約40名
 

e)第16回こどものためのジオ・カーニバル  

主 催:こどものためのジオ・カーニバル企画委員会  
共 催:大阪市立科学館  
後 援:本会ほか  
期 日:2015年11月7日(土)~8日(日)  
会 場:大阪市立科学館(大阪市北区)  
参加者:約3,500名
 

f)光害シンポジウム2015「光と暗さ、星空の共存をめざして」  

主 催:国際ダークスカイ協会東京支部  
後 援:国際天文学連合国際普及室、星空公団、本会  
日 時:2015年12月5日(土)10:00〜18:00  
会 場:東洋大学(東京都文京区)  
参加者:53名
 

g)京都産業大学益川塾第8回シンポジウム「科学への夢とロマン 地球と宇宙之これから」  

主 催:京都産業大学  
共 催:読売新聞社  
後 援:内閣府、文部科学省、宇宙航空研究開発機構、京都府教育委員会、滋賀県教育委員会、日本天文学会、日本物理学会、本会  
日 時:2015年12月13日(日)12:00〜17:00  
会 場:京都産業大学(京都府北区)  
発表数:高校生によるポスター発表31校43チーム  
参加者:752名