ようこそ天文教育普及研究会へ

天文教育普及研究会

 天文手話検討WG

本WGの活動は、すでに報告された「天文手話」を整理し、抜けている単語については障害当事者やサポートの方、ろう学校の先生の間で議論の上、新規作成し、全日本ろうあ連盟(東京)や日本手話研究所(京都)に働きかけて正式に登録していただくことである。 できた天文手話は、NHKの「手話ニュース」などを通じて日本に広めていきたい。 2年半程度の期間で一般に公開できるレベルのものをつくりたいと考えている。

 
具体的手順は以下の通りである。

  • 「手話辞典」などで登録されている手話表現についての評価と、ろう学校における実践、それをもとにした確立の議論
  • 決まった表現がないものについては、新規作成し、全日本ろうあ連盟や日本手話研究所に、正式に認められるよう働きかける。
  • できあがった「天文手話」を、天教のウェブ、NHK「手話ニュース」や講習会の開催を通して、日本全国に広めていく。
  • IAUのWGを通じて、海外にも紹介していきたい。

 

 

(2016年2月設立)
代表:代表:嶺重 慎(京都大学)